積算部 課長代理

杉本吉水
平成18年4月

これが私の仕事

建築物の工事費を求める仕事をしています。
建築物を作るには、建築費を正確に把握する必要があります。建築主にとっては限られた予算内に納まるのか、施工会社にとっては予算管理をすることは、会社を運営するにあたって大変重要な事だからです。
具体的な方法としては、施工方法ごとに材料を抽出しその数量を拾い出し、工種ごとに集計して内訳明細書を作ります。その各々の材料に対して単価を入れて、それを積み上げることによってその建築物の工事費を求めています。
正確な数量拾いは勿論、その単価の適正さも求められます。

これが仕事のやりがい

建築物を作る場合、様々な条件により、同じような建物でも工事費が大きく異なってしまいます。その為工事費の正確な予測がしにくく、建築主の要望通りに建築計画をすると予算オーバーとなることがあります。予算内により良い建築物を建てる為に、品質を落とすことなく施工方法や材料の選定などをすることによって、関わった計画が無事予算内で完成したときには、充実感を味わえます。建築物を建てるということは、大変多くの金額が必要となるので、それだけ責任感をもって業務にあたっています。
また、見積りした結果によって競争入札物件を受注できたときには、大きな達成感も味わえます。

これからの目標

今、時代は著しいスピードで変化しています。お客様の要望も変化しており、新しい施工方法や材料なども常に生じています。これら時代の変化を意識して、常に新しい専門知識を勉強してお客様の信頼を得て行きたいと思います。
その為には建築業界の変化は勿論、もっと広い視野をもって世の中の変化を敏感にとらえて業務に取り組みたいと思っています。
また過去の伝統を踏まえた上、既成概念にとらわれること無く常に新しい事にチャレンジをしてスキルアップを目指していきたいと思っています。