建築部 工事所長

小林義徳
平成6年4月

これが私の仕事

監督者の指示、場所、気候、設計他同じ条件が二度とない常に新たな状況でオーナーを笑顔にさせる建物を築きあげることが仕事です。

仕事のやりがい

同じことを繰り返すだけでなく昨日より一歩踏み込んだ技術や知識を現場に反映することができ、当たり前と思われていることを打破していきながら次の仕事へ繋げていき常にどうしたらもっとよくできるだろうという各々の考えが形として残ることにやりがいを感じています。

これからの目標

作業所長は竣工までを見据え、次席は1ヵ月後を計画し、若手社員は明日を考え
一致団結した中で各々の役割を今以上の向上心をもって行動できる現場管理を     目指していきたいです。